LOADING CONTENTS....
0%

SYNDUALITY
OFFICIAL WEBSITE

ANIMATION 2024 JANUARY 8 ON AIR

SPECIAL

第2クール放送直前!メインキャスト10名からのコメントを公開!

↘ UPDATE:2024.01.05

第2クール放送直前!メインキャスト10名からのコメントを公開!

テレ東系6局ネット、BS日テレほかにて2024年1月8日(月)より「SYNDUALITY Noir」第2クール放送開始!いよいよ始まる第13話の放送を前にカナタ役大塚剛央、ノワール/ミステル役古賀葵ほかメインキャスト10名の皆さんからコメントが到着!いよいよ始まる放送と配信をお楽しみに!

【各質問内容】

1クールを振り返ってご自身のキャラクターへの魅力もしくは感想をお答えください。

2クールを楽しみにしているファンの方々へのメッセージをお願いします

 

■カナタ役:大塚剛央

 

 

①振り返ると、カナタはこの1クールでとても成長したなと感じます。頼もしい仲間に支えられながら、カナタ自身が自分の足でしっかりと立って、純粋で真っ直ぐで熱い心を持って夢に向かっていく様は、とても清々しく勇気づけられました。まだ当然未熟なところがあり、助けられたりすれ違ってしまうこともありますが、みんながどこか期待してしまう、そんな頼もしさが少しずつ感じられるようになってきている気がします。頑張れカナタ!

 

②今までのノリの良さみたいなものはありつつ、物語がどんどんどんどん核心に迫っていきます。第1クールで培ってきたもの、散りばめられていたものが、第2クールでどのように結びついてどのような結末を迎えるのか、是非見届けていただきたいです。人とメイガスが紡ぐストーリー!アツいバトル!引き続き「SYNDUALITY」をお楽しみください!

 

■ノワール/ミステル役:古賀葵

 

①戦闘面では最初からすごい能力を持っていたノワールでしたが、第1クールを振り返ってみると、初期の頃からの心の成長をすごく感じます。自分に何ができるのかを考えたり、存在意義を求めていく姿が、みえない何かと戦っている様で切なくてずっとそばで支えたくなります。
また、ノワール自身が持っている優しさとか、カナタ達との触れ合いの中で生まれる興味や知らない感情にまっすぐ素直なところは相変わらず可愛くて愛おしくて…ずっとそのままでいてほしいなとも思ってしまいます。ミステルは…果たして何者なのか、今後にとても期待しています…!!

 

②第2クールでは、第1クールで残してきた謎が遂に…?!ストーリーがぐんと深く重くなってまいります!ノワール、更に突如出てきたミステルなど、謎多きキャラクター達の言動に注目しながら観て頂けると嬉しいです!もちろんかっこいい戦闘シーンや人間模様もより、1話1話、目が離せない内容になっていきますので、とにかく!最初から最後まで作品を全力で楽しんでください!!
メイガスはいつも、あなたのそばに。

 

■シエル役:青山なぎさ

 

 

①最初の頃のシエルは何でもそつなくこなす余裕のあるお姉さん、という印象だったのですが、戦闘シーンで「眩惑Desire」を歌いながら真剣に戦っている姿はカッコ良すぎて痺れました!また、カナタに対してとても優しくて愛情深い面もあり、正直カナタが羨ましかったです。「You&(A)I」のアイドル衣装を着たシエルなんか見たらみんな惚れちゃうでしょ…!と言いたくなるくらい魅力たっぷりなメイガスです。ミステリアスで何を考えてるのかわからないところも良きです。

 

②第2クールのキービジュアルやPVを見て、一体何が起こるんだ?と思った方も多いと思います!
第1クールでは優しく笑っているシエルが沢山見られたのに、キービジュアルの表情、かなり怖いですね…。謎に包まれていたシエルの正体がついに明らかになるかも!?
そして、わちゃわちゃネタシーンが沢山あった第1クールからガラッとアニメの印象が変わりそうな予感です。戦闘シーンが多くて見応えバッチリなので、TVアニメの放送を楽しみにしていてください!

 

■トキオ役:小林裕介

 

 

①魅力的なキャラクターが多い本作ですが、その中でもトキオはみんなの予想を上回る、あるいは斜め上をいく型破りな行動で場を盛り上げてくれ、人一倍に目を引く存在だったと思います。序盤はカナタの見せ場を奪う活躍に「これフラグじゃない……?」と感じた方も多いでしょう。僕も感じていました(笑)ですがそんなピンチを乗り越え無事第2クールに臨めることが嬉しいです!

 

②黒仮面ことマハトとの関係を匂わせて終わった第1クールでしたが、それが明らかになることで物語が動きます。それもスケールが段違いにデカいです!一方でノワールは戻ってくるのか、イストワールは本当に存在するのかなど、カナタサイドも気になることがたくさんあります。でも僕が一番注目したいのは「あの」キャラですね………あの話数はきっと涙なしでは観られない。そんな目が離せない展開を迎える第2クール、どうぞお楽しみに!

 

■ムートン役:小松史法

 

 

①傍若無人??なトキオ坊ちゃんに振り回されることなく、常にそばに寄り添う姿は本当に頼もしい存在でしたよね。ムートンの周りで起きる危機は全部彼が解決してしまいそうな安心感がありました。

 

②第2クールも面白く、激しく、疾走感溢れるストーリーが展開されています。第1クールに引き続き楽しんでいただけること間違いなしです。見どころ満載です。よろしくお願いいたします。

 

■エリー役:稲垣好

 

 

①エリーはドリフターとしても精神的にも強くてかっこいい女の子なのですが、カナタのことになるとポンコツ乙女になったりアンジェやマリアにだけ見せる弱い部分にギャップがあってかわいいんです。顔芸もツッコミも忙しなくて本当に面白い子なんです。でも私が思うエリーの1番の魅力は、人一倍仲間思いで情に厚いところだと思います。誰もがエリーを応援したくなるはず!がんばれエリー!

 

②第1クールここで終わり!?となった皆さま、お待たせしました!ついに様々な正体が明かされます…!この先の熱い展開に、私は収録の映像を見た時から泣いてしまいました。そしてエリーの恋の行方はいかに!ぜひ最後までみんなを見守ってあげてください。あともう少しで放送が始まりますね!お楽しみに〜!

 

■アンジェ役:大橋彩香

 

 

①いつもエリーを優しく見守る、友達のような姉のようなアンジェが大好きです!!メイガスの中でも感情が豊かで、エリーの事をからかったり、少し厳しい事も言ったりしますが、それもエリーへの愛があるからこそ!!感情の波があるエリーへ空気を読みつつ励ましの言葉をかけていて、なんていい関係性なんだ。。といつも笑顔になっちゃいます。日常も戦闘もサポートバッチリ!!わたしもいつかメイガスをお迎えしたいです笑

 

②いよいよ第2クールがはじまります。キービジュアルからもシリアスな感じが伝わってきて、物語も更に大きく動いていくんだと思います!!人とメイガスがどうなっていくのか、エリーとアンジェもどうなるのか。。ぜひ楽しみにしていてください!!みんな幸せになって欲しい。。!!大橋的には新しいOP・EDが気になります。どんな映像がつくのか、今からワクワクです!!

 

■黒仮面役:坂泰斗

 

①演じさせて頂いた黒仮面は、初登場の時からとても印象的なセリフを言っていたり、時にはカナタの手助けをして意味深な言葉を残して去っていったり、現状何者なのか分かっていないにも関わらず、とても印象的で魅力的なキャラクターだなと感じています。今回コメントを書かせて頂く際に台本を確認した時、強烈な印象を多く残した彼が、実は第1クールでの出番はそんなに多く無いと言うことにとても驚きました。(笑)

 

②第1クールで様々な伏線を張り、意味深な言葉を残して去って行った黒仮面ですが、第2クールからいよいよ本格的に物語に関わり始めます。カナタ達とどの様に関わってくるのか。彼が一体何者で目的は何なのか。そして、トキオとの関係性とは。物語が大きく動き出し、世界の核心に迫る第2クール、放送が楽しみか?….我もだ。

 

■シュネー役:M・A・O

 

 

①抑揚がなく何を考えているのかわからないミステリアスなシュネーさん。その言動で周りがザワっとしたり、なんとも言えない不思議な空間になるところが好きでした(笑)。マイロードと慕う黒仮面さんとのやりとりや距離感も独特なものがあり、あのふわふわとした雰囲気がチャーミングだと改めて感じています。

 

②第2クールでもシュネーさんは変わらずマイロードの傍にいます。マイロードとの出会いや現在に至るまでの経緯はどのように描かれるのか、ぜひ注目していただきたいです。シュネーさん自身の感情の変化など、より表に出てくることも増えてきますので、マイロードとの道行と共に見守っていただけると幸いです。どうぞ、よろしくお願いします!

 

■ヴァイスハイト役:梶裕貴

 

 

①第1クール終盤に登場したものの、まだまだ謎に包まれているヴァイスハイト。しかし、物語にとって重要な立ち位置にいるキャラクターであることは間違いありません。演じていて、とても楽しい役柄でした。第2クールでは大活躍しちゃいますよ!カナタたち人間にとって…そしてメイガスたちにとって、どんな存在なのか?そのあたりに注目しつつ、ご覧ください。

 

②遠い未来を描いたSF作品でありつつ、科学技術が飛躍的に進化してきている今、「いつかこんな世界もありえるのでは?」と思わせてくれるアニメーションです。根幹にあるのは、まさに”シンギュラリティ”をテーマとした、人間とAIの邂逅の物語。そこに生まれるのは友情か、愛情か、あるいは?それぞれの向き合い方、その様々な可能性を、笑いあり涙ありの極上エンタメとして楽しませてくれる本作。第2クール目のドラマも、どうぞ隅から隅までお楽しみくださいませ!