LOADING CONTENTS....
0%

SYNDUALITY
OFFICIAL WEBSITE

ANIMATION 2024 JANUARY 8 ON AIR

SPECIAL

Blu-ray第1巻特典の描きおろし小説「SYNDUALITY CIEL」の一部を無料公開!

↘ UPDATE:2024.02.12

Blu-ray第1巻特典の描きおろし小説「SYNDUALITY CIEL」の一部を無料公開!

SYNDUALITY CIEL

 

 

「まずいな……」

冷や汗を額から垂らし、真っ青に曇ったトキオの顔を、カナタははじめて見た気がした。頬は強張り、瞳は深刻の海に沈んでいる。まさに、緊急事態を予感させるものだった。

「トキオさん、まずいって何が……?」

自然とカナタの声のトーンは落ちる。

「カナタ、落ち着いて聞いてくれ」

ふたりがいるのはリゾート用のネストとして人気を集めるサテライトアクア。その中にあるメインステージの裏側だ。

ステージからは、シエルの美しい歌声が聞こえていた。

緊張感に包まれたカナタとトキオとは対照的に、客席から息の合ったコールも響いてくる。今日もシエルのライブは大成功で大盛況だった。

そんな華やかなステージの裏側で、

「……売上が落ちてる」

と、トキオが絶望を告げる一言をもらした。この世の終わりのような顔をして……。

「は?」

意味がわからず、カナタの口から間抜けな声がもれる。

トキオは今、何と言ったのだろうか。

「だから、シエルのライブの売上が落ちてきてるんだよ!」

トキオが操作したのは手首の端末。立体映像のモニターが表示され、ライブの売上グラフを「ほら、見ろ」とばかりにカナタの顔の前に突き出してくる。

売上は、三日前から右肩下がりに転じていた。

「はぁ……」

安堵と呆れを含んだ吐息が、無意識にカナタの口から零れる。

「カナタ、よく聞け」

そんなカナタに構うことなく、トキオは真剣な顔で肩に両手を置いてきた。ぐっと力強く掴んでくる。その瞳は真っ直ぐにカナタの目を見つめていた。

「俺はな。シエルを世界一の歌姫にしてやりたいんだ」

熱い口調で訴えかけてくる。

「トキオは毎日遊んで飲み明かすお金がほしいだけでしょ」

そこに口を挟んだのは、隣で話を聞いていたエリーだ。

「そうそう、毎日、大宴会だもんね。店のみんなにまで生野菜を大盤振る舞いで」

疑いの眼差しで、アンジェが事実を付け足す。

「だからな、カナタ。新曲がいる」

エリーとアンジェの発言は聞き流して、トキオは熱く語り続けた。

「そして、いつか世界中にシエルの歌を届けようじゃないか! 俺たちで!」

シエルのためには、カナタだって協力できることは協力したい。そう思っているのは本当だ。だが……。

「トキオさんの言ってることは間違ってないんだけどさ……」

とりあえず、暑苦しいトキオの両手をゆっくり振りほどく。

「動機が腐ってるのよ」

「骨の髄までね」

カナタの心情をエリーとアンジェが即座に、そして正しく代弁してくれた。

「お前たちはシエルの新曲を聞きたくないのか?」

往生際の悪いトキオに諦めるという意思はなさそうだ。

そこに、

「新曲って?」

と、歌うような声が背後から聞こえてきた。

声につられてカナタが振り向くと、アンコールまで歌い終えたばかりのシエルがいた。ステージ衣装をひらひら揺らしながらカナタの隣までやってくる。

今日もやり切った表情。充実感がシエルを満たしていた。

「シエル、お疲れ様。今日のライブもすごくよかったよ」

早速カナタが感想を口にする。すると、意外なことにシエルは少し怒ったような顔をした。続けて、シエルの両手が伸びてきたかと思うと、カナタの頬っぺたを軽く摘まんできた。痛くない程度に横に引っ張られる。

「シエル……?」

「途中から、トキオと何か話してて、全然私のこと見てなかったくせに」

「歌はちゃんと聞いてたって。シエルの歌は毎日だって聞いていたいよ」

「なら、許してあげる」

シエルは口元で笑って、頬から指を離してくれた。

その際、カナタは真横から鋭い視線を感じた。目の端に映っていたのは、ピンク色の髪。頬を膨らませてカナタを睨むエリーだ。

「……」

別にこわくはないが、ちょっと泣きそうにも見えて非常に気にはなる。

「エリー、どうかした?」

結局、無言の迫力に負けて、カナタからエリーに声をかけた。

「べつに~」

「シエルにデレデレするなって」

そっぽを向くエリーの代わりに、アンジェがおかしそうに言ってくる。

「デレデレはしてないだろ!」

そうカナタが反論すると、意外なところから返事は聞こえてきた。

「カナタは、デレデレしてました」

声のした方を見ると、さっきまで三つ並べた椅子の上で丸まって眠っていたノワールが、いつの間にか目を覚ましていた。ぱっちり目を開けて、純粋な光をたたえた瞳でカナタを見つめている。

「ノワールまで……」

「とにかく、今、俺たちに必要なのは新曲だ」

「俺たちって言うか、主にトキオさんにね」

「でも、新しい曲があるのは、私としてもうれしいわ」

「ほらな! シエルもこう言ってるだろ!」

力強い味方を得たトキオが勢いづく。

「シエルはすぐに新しい曲を作れるの?」

素直な疑問をカナタはシエルに投げかけた。シエルはメイガス。本来であれば、感情的に歌を歌うことも極めて珍しい。誰かの真似をすることはできるだろうが、表現者として人の心をここまで掴むメイガスを、少なくともカナタはシエル以外に知らない。

「急に言われても簡単じゃないわね。私たちメイガスには」

「やっぱり」

「何かを生み出すのは、人間の方が得意でしょ?」

一般的な解釈としてはまさにその通りだ。

「とは言っても、音楽が得意な知り合いはいないしな」

「だったら、俺たちのやり方で新曲をゲットするしかねえな」

トキオがにんまりと笑う。いいことを思い付いたという顔だ。

「それって、まさかドリフターらしくってこと?」

カナタが確認の言葉をかけると、トキオはますます楽しそうに笑った。

「シンデレラがなんだって歌も、元々は拾い物の発掘品から出たやつだしな。さあ、そうと決まれば、早速出かけるぞ、カナタ!」

「トキオさん、どこかアテはあるの?」

「こんなこともあろうかと、マムからとっておきの情報を聞いてある」

任せろとばかりに、トキオの目が笑っていた。

 

 

ロックタウンを出発して半日。

砂漠をキャリアで走り続けること四時間。

一向に変わらない砂だらけの景色に、ハンドルを握るカナタの表情もさすがにうんざりしていた。だから、口を開けば少しばかり愚痴のような気分が漏れ出てしまう。

「バカラネストから北西に二百キロって、そろそろなんですけど?」

「マムの話じゃあ、この辺で、旧時代のでっかい船を見かけたドリフターがいるんだとさ」

大きなあくびをしながら、トキオがシートの後ろから顔を出す。

「でっかいとは、どれくらいですか?」

そう質問したのは、後方のシートにいたノワールだ。少し前に目を覚まし、今はキャリアの揺れに合わせて、体を左右にくねくねさせている。見ているだけで酔いそうだ。

「さあな、あれくらいでかいといいんだが」

トキオが視線を送った側面の窓の外には、カナタがハンドルを握るキャリアと並走するアヴァンチュールの大型キャリアがいた。今回の探索には、マイケルとエリーも同行してくれている。

当初はエリーだけが付いてくる手はずだったのだが、事情をマイケルに話したところ、「シエル嬢の新曲のために、私が行かないでどうする!」と言い出したためだ。その場にいたマリアに「ほう」と言われつつも、結果的についてくることになった。

「アタシとしては、あれの十倍くらいでかいのがいいね」

そのマリアが、トキオの反対側から運転シートに顔を覗かせる。

「なんで余計なのまで、一緒にいるんだか……」

トキオにしては珍しく嫌そうだ。

「旧文明の遺物を探すなら、アタシがいた方がいいでしょ?」

「助かります。マリアさん」

カナタも発掘品の収集や調査は日々行っているが、マリアほどの知識があるわけではない。カナタにはなんだかわからないものでも、マリアならわかるかもしれない。

今回の遠征に同行してもらえたのは非常に心強い。

「カナタは素直でかわいいねぇ」

マリアの手が伸びてきて、カナタの顎を指で撫でていく。

「うわっ、マリアさん!?」

妙なくすぐったさにカナタの体がびくっと反応する。

「ちょっとお姉ちゃん! カナタに何してんの!?」

直後、アヴァンチュールのキャリアから通信が飛び込んでくる。モニターが開いて、エリーのドアップが映し出された。顔を真っ赤にして憤慨している。

「何って、将来義理の弟になるかもしれないカナタと仲良くしてるだけよ?」

「んなっ……!」

マリアの返事に、エリーは口をわなわなさせるだけ。何か言おうとしても言葉が出てこない。出てくるのは謎の悲鳴と呻き声で、マリアに反論できる余裕がエリーにはなかった。ただ、真っ赤になった顔は「お姉ちゃん、なんてこと言うの!」と、雄弁に語っていた。

「も、もう知らない!」

先ほど以上に顔を赤くしたエリーは、なんとかそれだけ絞り出して通信を切ってしまう。

「なんでアタシの妹ってあんなにかわいいのかしら」

手に持っていた瓶を傾けて、マリアはぐびぐびと酒をあおる。反省している様子はない。

「言っとくが、持ってきた酒はそれで最後だからな」

そのマリアにトキオは呆れた視線を送っていた。

「カナタ、顔が赤いですけど、体調不良ですか?」

「だ、大丈夫。これは違うから」

そんな砕けた空気の中に、

「ねえ、あれって、なに?」

と、後ろのシートからシエルの声がした。立ち上げって、前方を指差している。

「あれ?」

声が重なり、全員の視線が正面を捉える。見据えたのはシエルの人差し指が示す先。

「なんだありゃあ……」

静かな驚きを含んだトキオの声。

砂漠のど真ん中に、人工物の影が見えていた。

距離はまだ数百メートルは離れている。それにしてはかなり大きい。

目の錯覚かと思うほどに、巨大だった。

 

見つけた建造物の影に、カナタたちはすっぽり収まっていた。人も、コフィンも、二台のキャリアも易々と日陰に隠れてしまう。

「……」

だから、まずはただ茫然と発見した物体をカナタは見上げていた。トキオも、ムートンも、エリーも、アンジェも、ノワールも、シエルも、マイケルでさえも口をあんぐりと開けて見入っていた。

高さは二十メートルほど。長さに至っては数百メートルあるだろうか。半分以上は砂に埋まった状態なので、全体としては恐らくもっと巨大だ。ただし、地上に出ている部分だけでも十分に迫力があった。

「カナタ、これが探していた船ですか?」

「そうなんだと思うけど……想像の百倍くらいある」

「スクリューがあるので、船なのは間違いないでしょうな」

船尾と思われる部分からは、キャリアより大きいなスクリューの羽が砂から飛び出していた。何もかもが大きすぎる。想像をはるかに超えていた。

「トキオさん、よくこんな大物の情報を、マムがタダで教えてくれたね」

「そりゃあ、もちろんワケありだからな」

にやりとトキオが笑う。その直後、ムートン、ボブ、アンジェ、シエルがぴくりと反応した。メイガスの中で、ノワールだけがきょとんとしている。

「なるほど、そういうことね」

困った顔で言葉をこぼしたのはシエルだ。

「坊っちゃん、エンダーズの反応です」

続けて、ムートンが教えてくる。

それを合図にしたかのように、砂の丘の向こう側から続々とエンダーズが顔を出す。右を見ても左を見てもエンダーズ。すでにカナタたちは囲まれていた。

「ちょっと、何体いるわけ!?」

エリーが悲鳴をあげる気持ちもよくわかる。エンダーズの数は十や二十ではない。四十や五十でもない。百体以上の大きな群れだ。

「そりゃあ、マムがタダで情報をくれるわけだ」

呆れた様子でアンジェは納得していた。

「んじゃ、か弱いアタシとシエルはキャリアに避難してるから」

手をひらひらと振りながら、マリアはシエルを連れてキャリアに戻っていく。だが、その途中で何かを思い出したように振り返ると、

「一番活躍したドリフターには、シエルがご褒美をくれるってさ」

と、けたけた笑いながら挑発的に言っていた。

「マリアさんからのご褒美はないんですか!」

すかさずマイケルが食らいつく。

「ん~、じゃあ、一緒に飲みに行ってあげる」

「よ~し! 行くぞ、ボブ! すべてのエンダーズはこの私が倒す!」

やる気満々で、マイケルはコフィンに乗り込んでいく。「さすがマイケル様、見事な転がされっぷりです!」とボブがそれに続く。

「俺らはマイケルに楽をさせてもらうとするか」

おめでたいマイケルを見送ったトキオは、ゆっくりジョンガスメーカーの元に歩き出す。

「早く行かないと、マイケルに全部持っていかれるよ?」

その背中にマリアが声をかけた。

「マリアと一緒に飲みに行くなんて、罰ゲームじゃねえか」

「相手がマイケルじゃあ、あんたも勝てるかわかんないもんねえ。やる気満々でやって、負けたらかっこ悪いもんねえ」

「はあ? 誰が負けるって? 行くぞ、ムートン!」

急にスイッチの入ったトキオがジョンガスメーカーに飛び乗る。「承知しました」と応じたムートンも棺桶に収まる。

「カナタとエリーは、キャリアの護衛、頼んだぞ!」

トキオはそう言葉を残し、カナタが返事をする前にジョンガスメーカーでエンダーズの群れに飛び込んでいった。

 

エンダーズの大群との戦闘は、わずか三十分足らずで終わろうとしていた。

大半をトキオとマイケルが蹴散らし、ふたりが討ちもらした個体をカナタとエリーで処理した。キャリアを守りながら。

時間の経過とともに、見る見るエンダーズの反応が消えていく。

面白いように、トキオとマイケルは敵を倒していた。

三桁いたはずの群れも、数えられるまでに減っている。

それも、数秒おきに一体ずついなくなり、気が付けば残りは三体。

カナタの前に一体。エリーの前にも一体。トキオの方にもう一体。

「あ、やべって、弾切れか……わりぃ、カナタ! そっちに行ったぞ!」

「わかりました!」

目の前のエンダーズをブレードで貫く。

「ノワール、もう一体は!?」

「キャリアの向こう側です」

エンダーズの反応を示す光点は、キャリアの目前に迫っている。ここからではキャリアが邪魔になりライフルで狙えない。

「照準は合わせます。飛んでください」

カナタの横でノワールが囁く。

「わかった!」

操縦桿を握り直すと、カナタは勢いを付けてキャリアを飛び越えるようにデイジーオーガ―を跳躍させた。

塞がっていた視界が開ける。

エンダーズの頭が見えた。

射線は通った。

「今です」

直後、ノワールの指示がカナタの鼓膜を刺激した。

トリガーを続けて二回引く。発射された弾丸は、エンダーズの胸部と足を貫いた。

だが、前進するエンダーズの勢いはまだ止まらない。

シエルとマリアがいるキャリアに突っ込んでいく。

「カナタ!」

通信機を通して、エリーの緊迫した声が響いた。

このままではエンダーズがシエルとマリアが乗るキャリアに激突する。

だが、そうなる寸前で、キャリアを飛び越えたデイジーオーガは、カナタの雄たけびとともにエンダーズを蹴り飛ばした。

砂埃を上げながら砂漠に転がったエンダーズの動きが止まり……静かに消滅していく。

「ふう……」

間一髪。思わず安堵の吐息がもれる。

「シエル、大丈夫だった?」

「ええ、カナタのおかげね」

「なぁに? アタシの心配はしてくれないの?」

横からマリアが通信に割り込んでくる。

「マリアさんも無事でよかったです」

そこで、トキオとマイケルの通信も繋がった。

「ボブ、私は何体始末した?」

「四十五体です」

「ムートン、俺は?」

「四十五体です」

「ならば、私は四十六体だ!」

マイケルから無茶苦茶な主張が飛び出す。

「はあ? だったら、俺は四十七体だ」

それにトキオが張り合う。相変わらず、仲がいい。

「なんだと、貴様!」

「誰が一番活躍したかは、シエルに選んでもらえばいいでしょ」

終わりのないやり取りを、マリアの一言が終わらせる。

「どう? シエルから見て、誰が一番だった?」

「一番かっこよかったのは、最後のカナタかな?」

通信モニターの中で、シエルが悪戯っぽく片目を瞑る。

あとに聞こえてきたのは、エリーがもらす謎の呻き声だけだった。

 

この続きは5月29日発売のBlu-ray BOX第1巻で!

詳細は⇒【PRODUCTS】